佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
風疹ワクチン助成 妊娠希望・妊婦同居者に

 佐賀県は風疹の流行拡大を受け、将来妊娠、出産を希望している人らに対し、予防ワクチンの接種費用を助成する。妊娠初期に感染すると、赤ちゃんに障害が出る恐れがあり、全額自己負担になっている7千~1万円の費用を市町と折半で負担する方向で検討している。6月補正予算案に1億1300万円を計上する。

 助成の対象となるのは、将来妊娠を希望しているか、現在妊婦と同居中で、罹患歴がなく予防接種を受けていない人。妊娠希望者の同居者は対象にならない。

 国立感染症研究所によると、今年の全国の風疹患者数は7540人(19日現在)で、昨年1年間の3倍を超えた。流行は首都圏から全国へ広がり、県健康増進課によると、県内でも7人が感染している。過去5年間では2011年の2人が最多だった。

 今回の流行は、患者の8割近くが男性で、年代別では20~40代の男性と20代女性が多い。子どものとき、ワクチン接種の機会がなかったことが背景にあり、県内の感染者も全て20~40代の男性だった。県は、県内の20~40代女性でワクチンの未接種者は約5万人とみている。

 風疹は妊娠初期に感染すると、赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が出る「先天性風疹症候群」が起こる可能性があり、全国の自治体で独自助成の動きが出ている。県によると、都道府県レベルで独自助成するのは九州で初めて。今回の助成事業は、市町が行う助成の半分を負担する形になるため、一部の市町では全額補助にならない場合もあるという。

2013年05月30日更新

この時間のニュース
県高体連、講習内容変更を把握せず
女児遺体、発見前日までに殺害か
虚偽診断書、京都の医師ら3人逮捕
国交相、旅行者の円滑帰国要請
「核禁止条約交渉」が開幕
W杯アジア予選、日本は28日タイ戦
NY株8日続落、政策懸念
総務省、戸籍提出の負担軽減へ
漂着のポリタンクに韓国企業名
ドイツ、100キロの巨大金貨盗難
この時間のスポーツ
W杯アジア予選、日本は28日タイ戦
テニス、尾崎里紗は世界1位に完敗
横審、優勝稀勢の里関を絶賛
野球賭博、高木元投手の復帰認める
レイダーズのラスベガス移転を承認
羽生、29日開幕へ公式練習開始
ゴルフ世界ランク、谷原48位に浮上
米女子ゴルフ、野村と宮里美は35位
巨人だけ開幕投手明言せず
選抜、東海福岡や秀岳館など8強

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd