佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
柳川さん トライアスロン世界選手権「金」

 1日にフランスで開かれた世界ロングディスタンストライアスロン選手権の視覚障害者部門全盲クラスで、佐賀市の柳川春己さん(57)が金メダルを獲得した。伴走の佐賀大大学院2年・湧川盛洋さん(24)とともに、見事に走破した柳川さんは「足のけいれんや自転車の不調を乗り越えて手にした勲章。本当に思い出深い」と喜んだ。

 大会は当初、スイム4キロ、バイク(自転車)110キロ、ラン30キロで行われる予定だったが、低水温でスイムが中止となり、ラン9・5キロ、バイク87キロ、ラン20キロに変更となった。柳川さんは最初のランを50分前後でクリア、「いいスタートが切れて波に乗れた」と振り返る。

 続くバイクは高低差約600メートル、山の頂上まで10キロの上りを含む難コース。ギアの調子が悪く、上りの途中で左足ふくらはぎがけいれんするなどアクシデントが続いたが、「やめたらそれで終わり。絶対にあきらめない」と不屈の闘志で乗り切った。

 最後のランも湧川さんと励まし合い、7時間23分58秒でゴール。「過酷なレースだったが、この位置をキープしたいと思った。もっと自分の力を試したい」と次を見据え、9月にはロンドンで開かれる世界選手権への出場を予定する。

 伴走した湧川さんは「途中で心が折れそうになったと思うが、柳川さんの強靱(きょうじん)な精神力に、あらためて感服した」とたたえた。

2013年06月05日更新
世界ロングディスタンストライアスロン選手権視覚障害者部門全盲クラスで金メダルを獲得した栁川春己さん(右)と伴走を務めた湧川盛洋さん=佐賀市の栁川さんの自宅

世界ロングディスタンストライアスロン選手権視覚障害者部門全盲クラスで金メダルを獲得した栁川春己さん(右)と伴走を務めた湧川盛洋さん=佐賀市の栁川さんの自宅


この時間のニュース
リニア工事で大林組、受注協力を要請
平和賞NGO、演説で核保有国非難
東証、バブル後最高値更新
比政府機関、マニラに慰安婦像設置
今年の最優秀車にボルボのSUV
なでしこジャパン、中国下し2連勝
自公、増税「850万円超」合意
TDLでスター・ウォーズを体感
鹿児島の旧家に西郷隆盛の書
JR東日本、英鉄道の運行開始
この時間のスポーツ
なでしこジャパン、中国下し2連勝
サッカーU20日本、北朝鮮に快勝
日馬富士は略式起訴へ、鳥取地検
ロシアの選手委員会、個人参加を支持
エンゼルス公式サイトに大谷選手
スケート、小平が日本女子初の世界新
20年東京五輪マスコット投票開始
競馬、武豊騎手に国際功労賞
NFL、イーグルスなどPO進出
オリックス金子、現状維持の5億円

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd