佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
武雄市、多目的施設建設へ

 武雄市の樋渡啓祐市長は12日、老朽化した市文化会館大ホールと白岩体育館を解体した上で、体育館と文化ホールの機能を融合した新しい多目的施設を建設する方針を明らかにした。建設場所は未定で、3~4年後の完成を目指す。

 市議会一般質問で表明した。新施設は1千~1500人収容で、コンサートや式場、スポーツなど多目的に使える大型の文化体育館になる。建設費は未定で、合併特例債などを活用する。

 市文化会館大ホールは1975年3月に竣工。1380人収容で、当時は西日本一の規模といわれ、「文化の殿堂」がうたい文句だった。耐用年数は2015年までで、維持費は年間約3200万円。耐震補強すれば2億円が見込まれる。小ホールや集会棟などは残す。

 白岩体育館も75年11月に竣工。耐用年数は22年までで、年間維持費は約1千万円。スポーツの国際大会などが開けない仕様になっているという。

 樋渡市長は「維持費をかけて長寿命化するより、建て直した方が市民には使いやすい」とし、「あらゆる年齢層の人が多目的に使え、災害時には避難場所になる施設にしたい。議会と相談して進める」と話した。

2013年06月13日更新
樋渡市長が解体する方針を示した武雄市文化会館大ホール。完成当時、「西日本の文化の殿堂」がうたい文句だった

樋渡市長が解体する方針を示した武雄市文化会館大ホール。完成当時、「西日本の文化の殿堂」がうたい文句だった


この時間のニュース
東芝、8月に東証2部降格
東京都議選告示、250人超が出馬
沖縄戦終結72年、平和誓う
「愛してる」と旅立った、海老蔵さん
北朝鮮の新聞で靴を包んだため拘束か
G大阪の堂安がオランダ1部へ移籍
違法残業、電通を法人略式起訴へ
岩国市長、米艦載機移駐計画を容認
司馬遼太郎さんの自筆原稿を発見
茨城被ばく事故、2回目立ち入り検査
この時間のスポーツ
J1鳥栖の鎌田がフランクフルト移籍
陸上、サニブラウンが10秒06
G大阪の堂安がオランダ1部へ移籍
大リーグ、青木が3度目の3安打
宮里藍、2カ月ぶり米ツアー復帰
日本女子アマゴルフ、安田が初優勝
米男子ゴルフ、スピース単独首位発進
コンフェデ杯サッカー、独は引き分け
マーリンズの田沢が戦列復帰、2失点
マーリンズのイチロー代打で凡退

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd