佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
武雄市、多目的施設建設へ

 武雄市の樋渡啓祐市長は12日、老朽化した市文化会館大ホールと白岩体育館を解体した上で、体育館と文化ホールの機能を融合した新しい多目的施設を建設する方針を明らかにした。建設場所は未定で、3~4年後の完成を目指す。

 市議会一般質問で表明した。新施設は1千~1500人収容で、コンサートや式場、スポーツなど多目的に使える大型の文化体育館になる。建設費は未定で、合併特例債などを活用する。

 市文化会館大ホールは1975年3月に竣工。1380人収容で、当時は西日本一の規模といわれ、「文化の殿堂」がうたい文句だった。耐用年数は2015年までで、維持費は年間約3200万円。耐震補強すれば2億円が見込まれる。小ホールや集会棟などは残す。

 白岩体育館も75年11月に竣工。耐用年数は22年までで、年間維持費は約1千万円。スポーツの国際大会などが開けない仕様になっているという。

 樋渡市長は「維持費をかけて長寿命化するより、建て直した方が市民には使いやすい」とし、「あらゆる年齢層の人が多目的に使え、災害時には避難場所になる施設にしたい。議会と相談して進める」と話した。

2013年06月13日更新
樋渡市長が解体する方針を示した武雄市文化会館大ホール。完成当時、「西日本の文化の殿堂」がうたい文句だった

樋渡市長が解体する方針を示した武雄市文化会館大ホール。完成当時、「西日本の文化の殿堂」がうたい文句だった


この時間のニュース
神経剤VXで正男氏毒殺、マ警察捜査
プレ金始まる、消費喚起へイベント
昭恵夫人が名誉校長辞任
相模原殺傷事件で元職員起訴
宮崎駿監督が長編製作復帰へ
モーグル堀島、ジャンプ中村らが金
財務省、国有地売却の交渉記録を廃棄
京都府医大学長に辞任勧告
ANAがピーチを子会社化
日生と住友の営業職賃上げへ
この時間のスポーツ
体操種目別W杯、白井が床運動で優勝
フィギュア、男子SPで宇野2位
ジャンプ中村が優勝、岩佐2位
カーリング日本男子、敗れて銀メダル
世界ノルディック複合、渡部暁は5位
日本代表合宿の則本、藤浪ら投球練習
プロ野球オープン戦、25日スタート
25年目のJリーグ25日開幕
26日に東京マラソン
競走馬のミホノブルボンが死ぬ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd