佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
児童ら手話に挑戦 ボランティアへ理解深め

 多久市の「わくわくドキドキ・ボランティア体験スクール」が5日、市社会福祉会館で始まった。市内の小学生13人が参加し、手話講座や高齢者疑似体験を通じて、ボランティアへの理解を深めた。

 開会式では、市ボランティア連絡協議会の山崎昌治会長が「この体験を契機に大人になってもボランティアを続ける人になってほしい」とあいさつ。手話講座では多久手話の会の宮島悦子さん(50)が、指文字や自己紹介の仕方、あいさつなど簡単な手話を伝授した。

 体験スクールは、ボランティアを体験することで、人が支え合って生きていることの大切さを感じてもらおうと、毎年開いている。2日間の日程で、7日は介護老人保健施設「ケアハイツやすらぎ」を訪問し、高齢者と触れ合うほか、盲導犬について勉強する。

2013年08月06日更新
あいさつや自己紹介など簡単な手話を学ぶ子どもたち=多久市社会福祉会館

あいさつや自己紹介など簡単な手話を学ぶ子どもたち=多久市社会福祉会館


この時間のニュース
首相、加計問題で政治的圧力を否定
前川氏、「総理の意向」は真実
首相、こども保険の検討加速指示
対北圧力、中国外交トップに要請へ
「女性宮家」付帯決議案に明記
福岡の金塊窃盗、2容疑者逮捕
「ななつ星」来春に経路変更へ
横審、稀勢の里に休場勧める意見
「共謀罪」首相が国連報告者批判
将棋連盟に初の女性常務理事
この時間のスポーツ
横審、稀勢の里に休場勧める意見
全仏テニス、杉田フルセットで惜敗
全日本プロ、スプリントは渡辺が優勝
女子ゴルフの宮里藍が引退会見
全仏テニス、錦織が初戦へ実戦練習
ラグビー、リーチが日本代表復帰
プロ野球セ・パ交流戦、30日に開幕
U―20日本、30日に決勝T1回戦
野球代表、橘田氏が初の女性監督に
サッカー川崎、鹿島が30日に第2戦

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd