佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
児童ら手話に挑戦 ボランティアへ理解深め

 多久市の「わくわくドキドキ・ボランティア体験スクール」が5日、市社会福祉会館で始まった。市内の小学生13人が参加し、手話講座や高齢者疑似体験を通じて、ボランティアへの理解を深めた。

 開会式では、市ボランティア連絡協議会の山崎昌治会長が「この体験を契機に大人になってもボランティアを続ける人になってほしい」とあいさつ。手話講座では多久手話の会の宮島悦子さん(50)が、指文字や自己紹介の仕方、あいさつなど簡単な手話を伝授した。

 体験スクールは、ボランティアを体験することで、人が支え合って生きていることの大切さを感じてもらおうと、毎年開いている。2日間の日程で、7日は介護老人保健施設「ケアハイツやすらぎ」を訪問し、高齢者と触れ合うほか、盲導犬について勉強する。

2013年08月06日更新
あいさつや自己紹介など簡単な手話を学ぶ子どもたち=多久市社会福祉会館

あいさつや自己紹介など簡単な手話を学ぶ子どもたち=多久市社会福祉会館


この時間のニュース
大阪の停電、復旧に11時間
北朝鮮、新型SLBMを開発か
カードローン特別調査へ、金融庁
夏の甲子園、花咲徳栄が初優勝
厚労省、認知症治療へゲノム管理
核廃絶へ、長崎アピールを政府に提出
ロシア、北方領土を経済特区に指定
「マクド」勝利受けHPの一部関西弁
東芝半導体売却、WD陣営に絞り込む
国会、来月25日からの週で一致
この時間のスポーツ
夏の甲子園、花咲徳栄が初優勝
文田がグレコで金、日本勢34年ぶり
イチローは1安打3打点
ヤンキースの田中が9勝目
青木、初回に先頭打者本塁打
サッカー、本田がデビュー戦で得点
東京地検、巨人の山口投手を不起訴に
WBC王者の比嘉が10月に初防衛戦
FC東京・中島がポルトガル1部へ
世界バド、山口が16強入り

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd