佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
図書館の在り方議論 学生の意見も参考に

 県立の図書館や博物館の在り方を検討する懇話会(座長・三輪嘉六九州国立博物館館長)が29日、佐賀市の県立図書館で開かれた。「おしゃれな場所なら行きたい」「iPadがあれば図書館は不要」など、聞き取りした若年者の意見を参考に、「学びの場」について議論を深めた。

 懇話会には委員、県職員など19人が参加。20歳前後の男女10人から文化施設について事前に聞き取った意見を基に議論を進めた。

 昭和女子大学大学院特任教授の大串夏身委員は「大学に図書館は不要。iPad(アイパッド)を100台置けば十分」という学生の意見に注目。「資料がデジタル化される中、どのような図書館なら必要なのか」と問題提起した。コンサルティング会社社長の岡本真委員は「県全域から利用されるという意味では、宿泊施設を備えた学びの場も考えていいのでは」と提案していた。

 三輪座長は「県立施設として佐賀らしさをどう打ち出していくか。佐賀県のアイデンティティーについてもっと議論した方がいい」と語った。

2013年08月30日更新
県立図書館や博物館など「学びの場」の在り方を議論する懇話会の委員=佐賀市の県立図書館

県立図書館や博物館など「学びの場」の在り方を議論する懇話会の委員=佐賀市の県立図書館


この時間のニュース
東芝、8月に東証2部降格
東京都議選告示、250人超が出馬
沖縄戦終結72年、平和誓う
「愛してる」と旅立った、海老蔵さん
北朝鮮の新聞で靴を包んだため拘束か
G大阪の堂安がオランダ1部へ移籍
違法残業、電通を法人略式起訴へ
岩国市長、米艦載機移駐計画を容認
司馬遼太郎さんの自筆原稿を発見
茨城被ばく事故、2回目立ち入り検査
この時間のスポーツ
J1鳥栖の鎌田がフランクフルト移籍
陸上、サニブラウンが10秒06
G大阪の堂安がオランダ1部へ移籍
大リーグ、青木が3度目の3安打
宮里藍、2カ月ぶり米ツアー復帰
日本女子アマゴルフ、安田が初優勝
米男子ゴルフ、スピース単独首位発進
コンフェデ杯サッカー、独は引き分け
マーリンズの田沢が戦列復帰、2失点
マーリンズのイチロー代打で凡退

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd