佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
県立高のタブレット端末 生徒負担は5万円

 県教育委員会は3日、来年度から全県立高校の1年生が購入するタブレット端末の自己負担額は一律5万円になると明らかにした。現時点で端末価格は未定だが、5万円を超えるのは確実で、超過分は県が補助する。各家庭の経済状況に配慮した補助制度は創設しない。

 ICT(情報通信技術)を進める県教委はタブレット端末を「標準教材」と位置づけており、来春の県立高入学生全員が購入する必要がある。

 県教育情報化推進室によると、端末の基本ソフトはウィンドウズ8に決まっているものの、ハードのメーカーや導入するデジタル教材、最終価格は入札で決定する。ただ、「5万円を下回ることはない」(同推進室)ことから、生徒の自己負担額を5万円に設定した。

 県は9月10日開会の県議会に補助費として約2億円を計上した。分割払いができるかどうかは「検討中」という。

 同推進室は「端末は教科書と同様、全員に購入してもらう。家庭によってさまざまな事情があると思うが、奨学金など既存の制度を活用してほしい。端末価格は変動するため、補助の在り方は随時考えていく」としている。

 端末購入費の生徒負担をめぐっては、県高教組が8月、経済的困窮家庭や定時制は無償にするよう要望していた。

関連記事:なぜ高い? 生徒購入5万円、ネットで話題

2013年09月06日更新

この時間のニュース
神経剤VXで正男氏毒殺、マ警察捜査
プレ金始まる、消費喚起へイベント
昭恵夫人が名誉校長辞任
相模原殺傷事件で元職員起訴
宮崎駿監督が長編製作復帰へ
モーグル堀島、ジャンプ中村らが金
財務省、国有地売却の交渉記録を廃棄
京都府医大学長に辞任勧告
ANAがピーチを子会社化
日生と住友の営業職賃上げへ
この時間のスポーツ
体操種目別W杯、白井が床運動で優勝
フィギュア、男子SPで宇野2位
ジャンプ中村が優勝、岩佐2位
カーリング日本男子、敗れて銀メダル
日本代表合宿の則本、藤浪ら投球練習
プロ野球オープン戦、25日スタート
25年目のJリーグ25日開幕
26日に東京マラソン
ヤンキース田中、対戦形式で投球
競走馬のミホノブルボンが死ぬ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd