佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
県立高のタブレット端末 生徒負担は5万円

 県教育委員会は3日、来年度から全県立高校の1年生が購入するタブレット端末の自己負担額は一律5万円になると明らかにした。現時点で端末価格は未定だが、5万円を超えるのは確実で、超過分は県が補助する。各家庭の経済状況に配慮した補助制度は創設しない。

 ICT(情報通信技術)を進める県教委はタブレット端末を「標準教材」と位置づけており、来春の県立高入学生全員が購入する必要がある。

 県教育情報化推進室によると、端末の基本ソフトはウィンドウズ8に決まっているものの、ハードのメーカーや導入するデジタル教材、最終価格は入札で決定する。ただ、「5万円を下回ることはない」(同推進室)ことから、生徒の自己負担額を5万円に設定した。

 県は9月10日開会の県議会に補助費として約2億円を計上した。分割払いができるかどうかは「検討中」という。

 同推進室は「端末は教科書と同様、全員に購入してもらう。家庭によってさまざまな事情があると思うが、奨学金など既存の制度を活用してほしい。端末価格は変動するため、補助の在り方は随時考えていく」としている。

 端末購入費の生徒負担をめぐっては、県高教組が8月、経済的困窮家庭や定時制は無償にするよう要望していた。

関連記事:なぜ高い? 生徒購入5万円、ネットで話題

2013年09月06日更新

この時間のニュース
文科省天下り、組織ぐるみと認定
米でトランプ氏への抗議相次ぐ
中国、GDP6・7%成長に減速
大寒の列島、気温低く大雪暴風警戒
米次期長官、強いドル長期的に重要
ゴルフ、谷原ら3人が首位発進
自殺者、22年ぶり「低水準」
日銀、ゼロ金利解除「意見一致」強調
トランプ次期大統領が首都入り
フィギュア、ロシアの参加禁止求める
この時間のスポーツ
米ゴルフ、石川69で34位発進
卓球の全日本、伊藤美誠が5回戦敗退
ゴルフ、谷原ら3人が首位発進
バスケ女子代表監督にホーバス氏
大関豪栄道が右足首負傷で休場
陸上短距離の福島がプロ転向へ
ハンドボール日本は1次リーグ全敗
全豪OP、ジョコビッチ敗れる波乱
シャルケの内田、内転筋に痛み
ヤンキースの開幕戦はデーゲーム

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd