佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
邪馬台国はどこに 研究者ら持論展開

 吉野ケ里歴史公園の特別企画展「よみがえる邪馬台国 倭人伝の道」に合わせた特別フォーラムが29日、同公園で開かれた。畿内説、九州説を唱える研究者がそれぞれ登壇し、魏志倭人伝の研究、遺跡の発掘成果を踏まえた持論を展開した。

 西谷正・九州大学名誉教授は「九州説をとった場合、吉野ケ里が最も有力だが、畿内説を考えた場合、吉野ケ里は弥奴(みな)国と考えられる」と指摘し、日本書紀の記述や三根に近く、その地名の類似性などを基に持論を展開。「纒向(まきむく)遺跡(奈良県)が(邪馬台国の)国邑(こくゆう)(都)として浮かび上がる」と強調した。

 高島忠平・旭学園理事長は、纒向遺跡で発掘された馬具の木製鐙(あぶみ)に注目。中国や朝鮮半島でも4世紀末にかけてに見つかっていることを挙げて「纒向遺跡は4世紀中頃とみる」として邪馬台国より後の時代であることを強調した。

 この後、2人を交えた鼎談(ていだん)もあり、「倭人、海峡を渡る」をテーマに魏志倭人伝の世界に迫った。

2013年09月30日更新
研究者が畿内説、九州説それぞれの立場で魏志倭人伝の世界や邪馬台国について講演した特別フォーラム=吉野ケ里歴史公園

研究者が畿内説、九州説それぞれの立場で魏志倭人伝の世界や邪馬台国について講演した特別フォーラム=吉野ケ里歴史公園


この時間のニュース
マレーシア、正男氏殺害で声明発表へ
賃上げも保育士不足「解消せず」7割
森友問題、首相説明納得できず62%
金正男氏遺体、火葬後引き渡しか
日本の酒、輸出促進へ政府が新指針
錦織圭、尾崎里紗が4回戦進出
暴力顧問、原則1年は担当外に
千葉県知事選で森田氏3選
日本海側、平安時代に巨大津波か
別の場所で殺害後遺棄か、千葉
この時間のスポーツ
錦織圭、尾崎里紗が4回戦進出
世界マッチプレー、谷原は決勝ならず
新横綱稀勢の里、逆転で2連覇
世界フィギュアへ羽生、現地到着
マーリンズ、イチローは3打数2安打
サッカー日本代表、非公開で戦術練習
ジャンプ、葛西が3位で最年長表彰台
F1、フェテルが開幕戦V
ロッテがオープン戦1位、31日開幕
スノボクロス、男子はオーストリアV

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd