佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
武雄杵島森林組合、市に薪ストーブを贈呈

 武雄市役所に、昔ながらの薪(まき)ストーブがお目見えした。昨年6月から薪の生産に取り組んでいる武雄杵島森林組合(杉原豊喜組合長)が14日、薪ストーブ2台(計50万円相当)を贈った。組合は代替エネルギーの一つの手段として薪ストーブの普及に取り組んでおり、今回を皮切りにエコ的なライフスタイルの提案をしていく。

 薪は間伐材を有効利用したもの。曲がったり、2メートルに満たないものは山に放置されていたが、薪にすることで販売が可能になった。薪は武雄市が導入しているネット通販「ジャパン・サティスファクション・ギャランティード」(Jsg)を通じて「薪ネット武雄」(河本敬嗣代表)が販売している。薪はヒノキで1キロ80~95円する。

 薪ストーブ(鋼板製)は同市山内町の「森熔接所」(森壮人社長)が製造し、今回組合が購入。手作りで1台を10日~14日で製作している。武雄市役所には2階のくらし部と3階の営業部に設置。天板の温度は300度にもなり、火入れの後、職員が暖をとっていた。

 贈呈式で杉原組合長は「薪ストーブは資源の有効活用になり、いろんな効果を生んでくれることを期待している」とあいさつ。樋渡啓祐市長は「薪ストーブはエネルギーの地産地消になる。環境にやさしく、一般家庭や事業所に広がってほしい」とお礼を述べた。

2014年01月15日更新
武雄市役所に寄贈された薪ストーブ。天板の温度は300度にもなり、職員が暖をとっている

武雄市役所に寄贈された薪ストーブ。天板の温度は300度にもなり、職員が暖をとっている


この時間のニュース
米朝首脳会談はセントーサ島のホテル
日本、18年は1%成長
中国、米産品7兆円輸入増を提案
五輪後見据え財政出動、骨太方針案
W杯、セットプレーの動き確認
製紙工場の溶剤タンク内で3人死亡
新潟女児殺害「事件後に名前知った」
ロシア課長を停職9カ月、セクハラか
野党、麻生氏の辞任要求強める
将棋の藤井七段、竜王戦決勝Tへ
この時間のスポーツ
W杯、セットプレーの動き確認
全仏テニス、チェッキナートが4強
東京五輪、目標は金メダル30個
巨1―4楽、楽天が交流戦初勝利
ヤ12―6ソ、ヤクルトが6連勝
堀江氏、バスケ男子の外部取締役就任
神2―3オ、オリックスが3連勝
中1―4ロ、ロッテが3連勝
D1―8西、西武が快勝
東京五輪会場でスポGOMI大会

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd