佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
武雄杵島森林組合、市に薪ストーブを贈呈

 武雄市役所に、昔ながらの薪(まき)ストーブがお目見えした。昨年6月から薪の生産に取り組んでいる武雄杵島森林組合(杉原豊喜組合長)が14日、薪ストーブ2台(計50万円相当)を贈った。組合は代替エネルギーの一つの手段として薪ストーブの普及に取り組んでおり、今回を皮切りにエコ的なライフスタイルの提案をしていく。

 薪は間伐材を有効利用したもの。曲がったり、2メートルに満たないものは山に放置されていたが、薪にすることで販売が可能になった。薪は武雄市が導入しているネット通販「ジャパン・サティスファクション・ギャランティード」(Jsg)を通じて「薪ネット武雄」(河本敬嗣代表)が販売している。薪はヒノキで1キロ80~95円する。

 薪ストーブ(鋼板製)は同市山内町の「森熔接所」(森壮人社長)が製造し、今回組合が購入。手作りで1台を10日~14日で製作している。武雄市役所には2階のくらし部と3階の営業部に設置。天板の温度は300度にもなり、火入れの後、職員が暖をとっていた。

 贈呈式で杉原組合長は「薪ストーブは資源の有効活用になり、いろんな効果を生んでくれることを期待している」とあいさつ。樋渡啓祐市長は「薪ストーブはエネルギーの地産地消になる。環境にやさしく、一般家庭や事業所に広がってほしい」とお礼を述べた。

2014年01月15日更新
武雄市役所に寄贈された薪ストーブ。天板の温度は300度にもなり、職員が暖をとっている

武雄市役所に寄贈された薪ストーブ。天板の温度は300度にもなり、職員が暖をとっている


この時間のニュース
米英仏、シリアを軍事攻撃
熊本地震発生2年、復興へ決意新たに
加計面会文書で柳瀬氏招致へ
強制不妊、全市町村で調査へ
赤ちゃんポスト会議、熊本で開幕
大リーグ、大谷は3度目の複数安打
米、日本の為替監視継続
米大統領発言容認できずとロシア大使
安倍首相「米英仏の決意支持」
受刑者脱走で自転車イベント中止
この時間のスポーツ
エンゼルスの大谷は4打数2安打
ダルビッシュ4失点、初黒星
マーリンズ田沢は1回無失点
男子ゴルフ、小平が4打差13位浮上
米女子ゴルフ、畑岡奈紗が3位浮上
陸上100、サニブラウン10秒19
フライ級王者の比嘉が1回目体重超過
カーリング女子、LS北見は2勝3敗
SクライミングW杯、伊藤は予選敗退
なでしこ、W杯出場決定

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd