佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
玄海町長「一歩前進」 脱原発後退に反発も

 原発を安定的な電源と位置づけ、核燃料サイクルの推進も盛り込んだエネルギー基本計画が11日、閣議決定された。県内でも原発施策の推進を歓迎する声が上がる一方、福島第1原発事故を教訓とした「脱原発」の後退に、失望と反発が広がった。

 玄海原発の地元、東松浦郡玄海町の岸本英雄町長は「再稼働に向けた一つのステップ」と歓迎。高速増殖炉「もんじゅ」(福井県)を存続させたことについても「使用済み核燃料を研究する余地を残した意味でいい判断」と評価した。ただ、再処理が進まない現状から「中間貯蔵について具体的な記載があれば、町の未来も描きやすかった」と話す。

 一方、「脱原発をめざす首長会議」メンバーの江里口秀次・小城市長は「非常に残念。もんじゅ存続や再処理など、今の技術では難しい課題もあり、本当にこれでいいのかという思いはある」と不満げ。立地自治体並みの安全協定を求め続けている伊万里市の塚部芳和市長は「原発周辺地域の安全と安心の確保が必要」とコメントした。

 玄海原発の運転差し止めを求め佐賀地裁で争っている「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」の石丸初美代表(62)は「時計の針を戻した最悪の計画。反省も何もない」と厳しく批判。原発事故対応に膨大な予算が使われる現状に「原発のどこが安価で安定した電源なのか。福島の事故をよそ事のように原発を押し通す安倍政権が怖い」と話した。

2014年04月12日更新

この時間のニュース
みちびき3号機打ち上げ成功
米、バノン氏解任で強硬路線転換も
尖閣周辺で米爆撃機飛行、自衛隊機も
主要行、東芝に月内の売却契約を要請
公文書管理の判断、省庁に責任者設置
中央道、復旧に向け土砂撤去開始
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
連続テロ、犯行グループ12人か
長島元復興副大臣が死去
「俳句甲子園」が松山市で開幕
この時間のスポーツ
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
イ・ボミら2人が首位、大山1打差
日0―3西、西武・多和田が5勝目
巨6―1D、巨人・菅野が13勝目
中1―8神、阪神が3連勝
オ7―3ロ、オリックスが連敗止める
テニス杉田祐一、準々決勝は完敗
ボルダリング、野中と野口が準決勝へ
大リーグ、青木は途中出場で無安打
W杯ボルダリング、渡部は総合V逃す

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd