佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
SBエナジー、嬉野市にメガソーラー発電所

 ソフトバンク子会社で自然エネルギー事業に取り組むSBエナジー(東京)の大規模太陽光発電所(メガソーラー)「ソフトバンク嬉野吉田ソーラーパーク」が、嬉野市嬉野町の吉田駐在所東側に完成し、今月から稼働を始めた。出力規模は約2千キロワットで、一般家庭594世帯分に相当する年間約213万8千キロワットを発電する見込み。

 パークは約3・2ヘクタールで、8316枚の太陽光パネルを設置。九州電力に売電している。8日に運転開始の式典があり、事業関係者や土地を所有する嬉野市の職員など約90人が出席した。

 敷地は県道41号のバイパス工事で残土置き場として使い、1998年ごろ以降は遊休地となっていた。2012年、県が新エネルギー施設誘致の候補地を市町に公募し、市が応募した。

 同社は東日本大震災や福島第1原発事故を受け、ソフトバンクが子会社として2011年設立。全国各地でメガソーラーや風力発電施設を建設し、嬉野は九州で2カ所目、全国で11カ所目となる。

 同社の藤井宏明副社長は「日照時間が多く、温暖で雪も少ない、発電に適した場所。嬉野市民にとって、エネルギーについての気づきと学びを与えられる場となれば」と期待。谷口太一郎嬉野市長は「地域活性化にもつながれば」と話した。運転開始を祝い、吉田小4年生15人による面浮立も披露された。

2014年05月08日更新
「ソフトバンク嬉野吉田ソーラーパーク」の運転開始を祝いテープカットするソフトバンクエナジーの藤井宏明副社長(左から3人目)や谷口太一郎嬉野市長(同6人目)ら=嬉野市嬉野町

「ソフトバンク嬉野吉田ソーラーパーク」の運転開始を祝いテープカットするソフトバンクエナジーの藤井宏明副社長(左から3人目)や谷口太一郎嬉野市長(同6人目)ら=嬉野市嬉野町


この時間のニュース
5歳未満の死亡560万人、ユニセフ
旭岳で遭難の4人搬送、命に別条なし
若き東郷青児の写真発見
天皇陛下とトランプ氏の会見調整
NY株、初の2万3千ドル超
大リーグ、田中が7回無失点で勝利
首相指名、11月1日軸に調整
西室泰三氏死去、東芝や日本郵政社長
神戸製鋼、不正手口をメモで継承
訪日客消費3兆円突破、1~9月
この時間のスポーツ
大リーグ、田中が7回無失点で勝利
サッカー、Bミュンヘンが2勝目
ロシア杯前に羽生が4回転ルッツ練習
ACL、浦和が10年ぶりに決勝進出
ソ2―3楽、楽天が3本塁打
セーリングW杯、女子の小嶺らが首位
広3―0D、田中が2点適時打
男子ゴルフ日本一の池田ら練習
東京五輪あと千日の記念商品発表
ボクシング、村田ら6選手異常なし

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd