佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
SBエナジー、嬉野市にメガソーラー発電所

 ソフトバンク子会社で自然エネルギー事業に取り組むSBエナジー(東京)の大規模太陽光発電所(メガソーラー)「ソフトバンク嬉野吉田ソーラーパーク」が、嬉野市嬉野町の吉田駐在所東側に完成し、今月から稼働を始めた。出力規模は約2千キロワットで、一般家庭594世帯分に相当する年間約213万8千キロワットを発電する見込み。

 パークは約3・2ヘクタールで、8316枚の太陽光パネルを設置。九州電力に売電している。8日に運転開始の式典があり、事業関係者や土地を所有する嬉野市の職員など約90人が出席した。

 敷地は県道41号のバイパス工事で残土置き場として使い、1998年ごろ以降は遊休地となっていた。2012年、県が新エネルギー施設誘致の候補地を市町に公募し、市が応募した。

 同社は東日本大震災や福島第1原発事故を受け、ソフトバンクが子会社として2011年設立。全国各地でメガソーラーや風力発電施設を建設し、嬉野は九州で2カ所目、全国で11カ所目となる。

 同社の藤井宏明副社長は「日照時間が多く、温暖で雪も少ない、発電に適した場所。嬉野市民にとって、エネルギーについての気づきと学びを与えられる場となれば」と期待。谷口太一郎嬉野市長は「地域活性化にもつながれば」と話した。運転開始を祝い、吉田小4年生15人による面浮立も披露された。

2014年05月08日更新
「ソフトバンク嬉野吉田ソーラーパーク」の運転開始を祝いテープカットするソフトバンクエナジーの藤井宏明副社長(左から3人目)や谷口太一郎嬉野市長(同6人目)ら=嬉野市嬉野町

「ソフトバンク嬉野吉田ソーラーパーク」の運転開始を祝いテープカットするソフトバンクエナジーの藤井宏明副社長(左から3人目)や谷口太一郎嬉野市長(同6人目)ら=嬉野市嬉野町


この時間のニュース
山中に9人乗りの群馬県防災ヘリ墜落
石破氏、総裁選の立候補を正式表明
4~6月期のGDP、年率1・9%増
米アカデミー賞に人気映画部門創設へ
伊調馨選手が復帰へ、協会の謝罪受け
台風14号、週末に沖縄接近
東京の救急出動件数が急増
文科省、医学部入試の公正さ調査
人事院、国家公務員定年65歳求める
東証、午前終値は2万2494円
この時間のスポーツ
伊調馨選手が復帰へ、協会の謝罪受け
日大三16―3折尾愛真
山根氏の日大客員教授を解任
敦賀気比1―10木更津総合
ゴルフ松山、池田は4打差16位
世界セーリングで吉田、吉岡組が初V
田中、レンジャーズ戦へ意気込み
サッカー女子、スペインに敗れる
レアル入団のクルトワ「夢かなった」
バド男子で緑川が3冠、全国高校総体

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd
佐賀新聞社

佐賀新聞社から

会社概要

サービスのご案内

社員採用のご案内

ご購読のご案内

佐賀新聞販売店検索

広告掲載に関するご案内

主催イベント

佐賀善意銀行

お問い合わせ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd