佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
企業、社会の意識改革を 「輝く女性応援会議in佐賀」

 企業などで活躍する女性と支援する関係者らが意見を交わす「輝く女性応援会議in佐賀」(内閣官房、内閣府、県主催、佐賀新聞社共催)が8日、佐賀市内で開かれた。銀行やホテル、人材派遣会社、農業法人で働く女性ら8人が登壇。企業や社会の意識改革を求め、子育て支援メニューの充実など、女性が能力を発揮できる環境づくりに必要な方策を探った。

 同会議は、安倍政権の成長戦略の中核に掲げている「女性の活躍促進」を図ろうと、佐賀を含む全国5カ所で開催。県内外から約280人が参加した。

 内閣府男女共同参画局の武川恵子局長が基調講演。女性の就業率上昇や登用推進に向け、育児・家事支援の施策や制度整備などの取り組みを紹介した。

 この後、佐賀新聞社の富吉賢太郎編集局長をコーディネーターに、佐賀や福岡、長崎の企業などで働く女性4人と、女性の雇用や子育て支援に取り組む企業の関係者4人が自身の経験や会社での取り組みを報告。働く女性からは「結婚や出産を機に希望しない異動を受け、女性への理解不足があると感じた」「農家の嫁は夫の付属品みたいな扱いで、人と違ったことをすると、自分だけではなく夫も非難された」などと赤裸々な経験談も出された。

 働く女性支援の取り組みでは、松尾建設(佐賀市)の担当者が営業や設計部門への女性登用について紹介し、「現場経験のなさが逆に顧客目線での営業につながって、評判もいい」と報告。湯江タクシー(諫早市)は、保護者に代わって子どもの保育園や病院などへの送り迎えを請け負う「子育てタクシー」事業を説明し、「企業を含め、社会の中に子育て支援のメニューがもっとあっていい」と提言した。

 行政や社会への注文では「少子化で、企業にとって人こそ財産。経営者は辞めさせない覚悟を持つべき」などの意見が出ていた。

2014年09月09日更新
女性が活躍できる環境づくりの課題や方策などについて意見交換した「輝く女性応援会議in佐賀」=ホテルニューオータニ佐賀

女性が活躍できる環境づくりの課題や方策などについて意見交換した「輝く女性応援会議in佐賀」=ホテルニューオータニ佐賀


この時間のニュース
日大選手「反則は監督らの指示」
首相「獣医学部の話せず」
不妊手術に質問「無視を」と厚生省
中国、自動車関税15%に引き下げ
絶滅危惧の生物、41種増加
巨8―0広、山口俊が2年ぶり完封
北朝鮮核実験場廃棄の取材団訪朝
アマゾン、東京勤務の千人新規採用
与謝野晶子の未発表歌見つかる
将棋の女流王位戦、1勝1敗に
この時間のスポーツ
日大選手「反則は監督らの指示」
巨8―0広、山口俊が2年ぶり完封
バレー日本女子、米国に敗れる
関脇栃ノ心、10連勝で首位守る
バドの日本男子、2連勝で8強へ
サッカー代表、合宿でミニゲーム
D0―8中、中日の山井が完封
神8―3ヤ、阪神が快勝
ソ5―3西、摂津が2年ぶり白星
楽0―10オ、オリが10得点で大勝

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd