佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
自衛隊・オスプレイ 「民間航空に支障ない」

 佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備計画をめぐり、自民党佐賀県議団の25人は10日、自衛隊機と民間機が共用している熊本県益城町の熊本空港と隣接する高遊原(たかゆうばる)分屯地、神埼郡吉野ケ里町の陸上自衛隊目達原駐屯地の3カ所を視察した。留守茂幸議員団会長は「熊本空港は、民間航空に支障がある状況ではなかった」と感想を述べた上で、「1回の視察で済む話ではない」として他施設の視察を続ける考えを示した。

 高遊原分屯地では佐々木博茂分屯地司令らから、基地の概要やヘリの運航状況を聞き、大型ヘリのホバリング(停止飛行)も間近で体感した。大型ヘリは滑走路を使って離陸し、管制官は3交代24人の他に情報官も複数配置していることや、住民からの苦情は一けた台といった説明があったという。

 分屯地広報室によると、2011年3月の福島第1原発事故後、防護服を輸送する際に自衛隊機を緊急運用した事例がある。離着陸は深夜だったため、「深夜便のない熊本空港では、特に支障はなかった」と説明する。

 熊本空港では、管理ビル屋上から自衛隊と共用している滑走路を見学した。管理する国交省の職員は「民間空港として、運用に支障はない」と話したという。

 留守会長は「高遊原の敷地は18ヘクタール、隊員は約400人と聞いた。佐賀空港への配備に伴う土地取得は30ヘクタール、隊員は700~800人で、規模を比較する参考にはなった」と語った。

2014年09月11日更新
自民県議団に分屯地の概要などを説明する佐々木司令(左)=熊本県益城町の高遊原分屯地

自民県議団に分屯地の概要などを説明する佐々木司令(左)=熊本県益城町の高遊原分屯地

民間機と自衛隊機が共用している熊本空港。左手奥に高遊原分屯地がある=熊本県益城町

民間機と自衛隊機が共用している熊本空港。左手奥に高遊原分屯地がある=熊本県益城町


この時間のニュース
政府、対北朝鮮制裁を強化
大谷とエンゼルスの契約が成立
父子関係認め訴え却下、無断卵移植
米軍ヘリ窓落下、市議会が抗議決議
大分・別府で火災、3人死亡
感染症の監視対象、63%が報告せず
年賀状の配達受け付けが開始
東証、円高で4日続落
東証続落、午前終値は2万2494円
自転車スマホで死亡事故、書類送検へ
この時間のスポーツ
大谷とエンゼルスの契約が成立
国際卓球連盟が14歳張本に躍進賞
大リーグ、ダルビッシュ去就決まらず
大リーグ機構、大谷情報漏えい調査へ
サッカーW杯のキャンプ地はカザニ
ヘルタの原口、冬移籍の可能性も
ハンブルガーSV、伊藤と契約延長
なでしこ、3大会ぶりVへ最終調整
男子サッカー最優秀選手にプリシッチ
スノボW杯、竹内らは1回戦敗退

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd