佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
川内原発「合格」「世論無視の暴挙」反原発団体、批判の声

 原子力規制委員会が新規制基準による審査で九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)に合格を出した10日、玄海原発(東松浦郡玄海町)を抱える佐賀県内の反原発団体は佐賀市で緊急街頭活動を行うなど、「世論を無視した暴挙。再稼働は絶対に許さない」と一斉に抗議の声を上げた。

 原発廃炉を求めて活動する玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会は、佐賀市の中心街で街宣をした。石丸初美代表らが「審査書は基準地震動の過小評価など欠陥だらけ。福島第1原発事故から3年半が経過するなか、政府がやるべきは事故の収束と被災者の救済。命を守るというなら事故を前提とした再稼働の容認ではなく廃炉の決断だ」と強調した。

 国と九電に玄海原発の操業停止を求めている訴訟で追加提訴した原告団の長谷川照団長(元佐賀大学長)は「規制委はただ適合したと言っているにすぎず、直ちに再稼働とはならない。再稼働の責任を誰がとるのかはっきりせず、自治体がつくる避難計画を検証するシステムがないなど問題は解決していない。いずれぼろが出る」と批判した。

 9日に原子力規制委に「パブリックコメントを無視した決定は許されない」と申し入れをした、さよなら原発佐賀連絡会の豊島耕一代表は「パブリックコメントへの回答もない決定は、あまりにも意見を寄せた人を愚弄(ぐろう)する対応。手続きの不当性を含めて、決定の撤回を求めていく」と訴えた。

2014年09月11日更新
川内原発の審査書決定に抗議する市民団体のメンバー=佐賀市の中央大通り

川内原発の審査書決定に抗議する市民団体のメンバー=佐賀市の中央大通り


この時間のニュース
ジャパンライフが事実上倒産
米、対北朝鮮で国防相会合検討
河野外相、エルサレムは対話解決を
失業率2・7%、24年ぶり低水準
韓国外相「被害者との意思疎通不足」
貴ノ岩関は十両に転落、先場所全休で
沖縄、辺野古座り込み5千日で集会
道後温泉別館「飛鳥の庭」完成
民進、統一会派結成に向け交渉へ
豊田元議員を不起訴へ、さいたま地検
この時間のスポーツ
貴ノ岩関は十両に転落、先場所全休で
横綱白鵬、史上1位の在位63場所
新小結貴景勝「気持ち強い力士に」
五輪代表、スキーの小野塚選手が結婚
スケート女子高木美、小平ら最終調整
フライ級王者比嘉、地元沖縄で防衛戦
大谷選手、札幌のファンに別れ
ロシアのサッカー連盟会長、職務停止
女子ゴルフランク、鈴木31位に後退
バレー、新リーグ名称は「Vリーグ」

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd