佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
三重津海軍所跡、世界遺産登録に佐賀市「自信」 

 国際記念物遺跡会議(イコモス)による「明治日本の産業革命遺産」の一つ、三重津海軍所跡(佐賀市川副町・諸富町)の現地調査が10月3日に決まったことを受け、佐賀市は「産業革命遺産全体の価値への貢献を説明し、理解してもらうよう努めたい」と意気込みを語った。

 佐賀市世界遺産登録推進室の木島愼治室長ら市の担当者を中心に説明に当たる。現地調査員は、約3ヘクタールある海軍所跡のドライドック(乾船渠(かんせんきょ))遺構があった「修覆場」地区を中心に全体を見て、境界線など遺産の範囲や保全・管理が適切かどうかをチェックする。

 ドライドックは地下遺構のため、地上からは確認ができない。担当者は「地下に当時のまま保存しているため、高い完全性、本物かどうかの真正性を持っていることをまず説明する」と話す。

 地下遺構のイメージしにくい点は来訪者に理解してもらえるよう、隣接する佐野常民記念館に展示場を整備し、11月中旬以降に順次公開することを伝える。一部展示物も調査員に見てもらう予定。

 地元の保全会やまちづくり協議会が清掃活動やイベントで機運を盛り上げていることも説明する。木島室長は「8県11市でつくる世界遺産登録推進協議会の仲間と周到に準備を進めてきた。調査員に海軍所跡の価値を理解してもらえると思う」と自信をのぞかせた。

2014年09月12日更新

この時間のニュース
与党など4党、働き方法案修正に合意
負傷した関学大選手側が被害届
4月の貿易黒字6260億円
韓国が北朝鮮の非核化支持要請へ
全日空便で煙、出発直前の乗客ら避難
施設3割が保証人いない高齢者拒否
親魚回復、マグロ漁獲枠の拡大可能に
カンヌ最高賞、審査員の判断を評価
ベネズエラ大統領選、反米現職が再選
抑留体験基づく美術家宮崎進さん死去
この時間のスポーツ
負傷した関学大選手側が被害届
エンゼルス大谷は2失点で4勝目
ダルビッシュ、1失点で日米150勝
サッカー、久保が今季11点目
女子ゴルフ、畑岡はプレーオフで惜敗
米ゴルフ、松山は66と伸ばし16位
男子テニス世界ランク、錦織が21位
佐藤は決勝へ、インディ500予選
大相撲の豪栄道休場、大関不在に
オーストリア1部、南野は途中交代

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd