佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
三重津海軍所跡、世界遺産登録に佐賀市「自信」 

 国際記念物遺跡会議(イコモス)による「明治日本の産業革命遺産」の一つ、三重津海軍所跡(佐賀市川副町・諸富町)の現地調査が10月3日に決まったことを受け、佐賀市は「産業革命遺産全体の価値への貢献を説明し、理解してもらうよう努めたい」と意気込みを語った。

 佐賀市世界遺産登録推進室の木島愼治室長ら市の担当者を中心に説明に当たる。現地調査員は、約3ヘクタールある海軍所跡のドライドック(乾船渠(かんせんきょ))遺構があった「修覆場」地区を中心に全体を見て、境界線など遺産の範囲や保全・管理が適切かどうかをチェックする。

 ドライドックは地下遺構のため、地上からは確認ができない。担当者は「地下に当時のまま保存しているため、高い完全性、本物かどうかの真正性を持っていることをまず説明する」と話す。

 地下遺構のイメージしにくい点は来訪者に理解してもらえるよう、隣接する佐野常民記念館に展示場を整備し、11月中旬以降に順次公開することを伝える。一部展示物も調査員に見てもらう予定。

 地元の保全会やまちづくり協議会が清掃活動やイベントで機運を盛り上げていることも説明する。木島室長は「8県11市でつくる世界遺産登録推進協議会の仲間と周到に準備を進めてきた。調査員に海軍所跡の価値を理解してもらえると思う」と自信をのぞかせた。

2014年09月12日更新

この時間のニュース
無効な診断書で障害者認定
石破氏、9条改憲は「緊急性低い」
40日ぶりに猛暑日ゼロ
新種のナマズ発見、61年以来
ア大会水球女子、中国に完敗
台風19号、来週にも九州接近
豪雨ボランティア数低迷を懸念、愛媛
低レベル廃棄物埋設へ、人形峠敷地内
経産省、電力の不当囲い込み規制へ
大雪山系黒岳で最も早い初雪、北海道
この時間のスポーツ
ア大会水球女子、中国に完敗
金足農、日大三、近江、下関国際8強
居合道の段位審査で現金授受
居合道審査「金銭介在の余地あった」
D7―5広、筒香が逆転満塁弾
西3―5日、日本ハムが逆転勝ち
楽0―1ロ、二木がプロ初完封
オ0―9ソ、千賀がプロ初完封
巨1―6中、中日3連勝で笠原2勝目
ヤ3―2神、バレが勝ち越し二塁打

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd
佐賀新聞社

佐賀新聞社から

会社概要

サービスのご案内

社員採用のご案内

ご購読のご案内

佐賀新聞販売店検索

広告掲載に関するご案内

主催イベント

佐賀善意銀行

お問い合わせ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd