佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
ユネスコ機関、来月3日に三重津海軍所跡を調査

 来年の世界文化遺産登録を目指す佐賀市の三重津海軍所跡などで構成する「明治日本の産業革命遺産」について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が現地調査する日程が11日、公表された。26日から10月5日までの10日間で、三重津海軍所跡は10月3日に訪れる。

 現地調査は国際記念物遺跡会議(イコモス)が実施する。世界遺産条約に基づく作業指針で定められ、世界遺産にふさわしいかどうかを評価する。日本が1月にユネスコに提出した推薦書の内容に沿って、遺産の保存状態や将来の管理保全計画などを確認する。

 調査結果は、ユネスコが来年6~7月ごろに開く世界遺産委員会で登録の可否を判断する材料となる。

 調査員はオーストラリアの専門家1人で氏名は公表していない。26日の韮山反射炉(静岡県)を皮切りに、旧集成館(鹿児島市)、八幡製鉄所(北九州市)や端島炭坑=軍艦島(長崎市)など8県11市にまたがる構成施設23カ所をすべて調べる。

 日本側で受け入れを担当する内閣官房や各自治体などは8月下旬から9月にかけてリハーサルを実施した。内閣官房の事務局は「調査員の質問に対して、的確に説明できるように十分に準備してきた」と話す。

 国史跡の三重津海軍所跡は幕末佐賀藩の近代海軍基地で、蒸気船「凌風丸」を完成させ、人材育成の拠点にもなった。

2014年09月12日更新

この時間のニュース
無効な診断書で障害者認定
石破氏、9条改憲は「緊急性低い」
40日ぶりに猛暑日ゼロ
新種のナマズ発見、61年以来
ア大会水球女子、中国に完敗
台風19号、来週にも九州接近
豪雨ボランティア数低迷を懸念、愛媛
低レベル廃棄物埋設へ、人形峠敷地内
経産省、電力の不当囲い込み規制へ
大雪山系黒岳で最も早い初雪、北海道
この時間のスポーツ
ア大会水球女子、中国に完敗
金足農、日大三、近江、下関国際8強
居合道の段位審査で現金授受
居合道審査「金銭介在の余地あった」
D7―5広、筒香が逆転満塁弾
西3―5日、日本ハムが逆転勝ち
楽0―1ロ、二木がプロ初完封
オ0―9ソ、千賀がプロ初完封
巨1―6中、中日3連勝で笠原2勝目
ヤ3―2神、バレが勝ち越し二塁打

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd
佐賀新聞社

佐賀新聞社から

会社概要

サービスのご案内

社員採用のご案内

ご購読のご案内

佐賀新聞販売店検索

広告掲載に関するご案内

主催イベント

佐賀善意銀行

お問い合わせ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd