佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
佐賀市長、結論は見直さず 障害者不採用 

 佐賀市が職員採用試験で身体障害者枠を受験した男性(25)に合格通知を出した後、不採用にした問題で、秀島敏行市長は12日の市議会一般質問で「反省すべき点は確かにある。このようなことがないよう今後の糧にしたい」と、市の対応に問題があったことを認めた。

 秀島市長は「本人も採用にかなりの期待を持っていたと聞いている。採用に至らなかったのは残念」と述べる一方、不採用を見直す考えはないことを強調。今後の障害者採用については「障害者の自立、雇用確保のため門戸を開いていきたい」と述べた。

 また、不採用の理由を問われた伊東博己総務部長は「今回は一般職の採用で、異動もあることを加味して総合的に判断した」と答えた。

 市は男性に合格通知を出した後、面談で動作確認を行ったうえ、職務遂行能力を判断するとして今年4月から2カ月間、非常勤で雇用し、最終的に採用を見送った。

◆質問状回答に「話にならない」 地方議員グループ

 佐賀市は12日、障害者の不採用問題をめぐり、障害のある地方議員グループから出されていた32項目の公開質問状に対し、「差別的な取り扱いはしていない」などと回答した。

 回答では、今回の原因について「受験資格の要件を、合格を通知する前までに確認できなかった」とし、今後は見直す方針を示した。第三者機関による検証も行う予定はないとした。

 質問状を出した「障害者の自立と政治参加をすすめるネットワーク」は「話にならない。障害者の不採用が広がらないか不安」とし、今後、内容を精査し対応を協議する。

2014年09月13日更新

この時間のニュース
米朝会談、共同文書へ交渉進む
EU、7月に報復関税導入
首相、ワシントンに出発
4月の米の対日赤字は1・6%減
全日空機で客室乗務員5人負傷
日大アメフット部指導陣一新へ
麻生氏辞任求め野党共闘
「純野生」トキが巣立ち、3年連続
弘法大師空海、直筆漢詩の拓本か
札幌でYOSAKOI祭り開幕
この時間のスポーツ
日大アメフット部指導陣一新へ
天皇杯、G大阪が関学大に敗れる
バド、奥原やタカマツ組を代表に選出
広4―3日、野間が逆転サヨナラ打
中0―1ロ、ロッテが4連勝
巨3―1楽、今村が2年ぶり白星
「野球くじ」は当面見送り
16歳田中、NBA目指し米国留学へ
エンゼルス大谷、7日先発へ調整
カブスのダルがキャッチボール

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd