佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
自衛隊・オスプレイ 2024年度ごろ配備完了

■佐賀空港の陸自オスプレイ 防衛局見通し

 佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備計画をめぐり、九州防衛局の槌道明宏局長は12日、オスプレイ17機の配備が完了するのは2024年度ごろになるとの見通しを明らかにした。19年度から段階的に配備し、数年かけて全機をそろえる。

 柳川市議会に計画概要を説明する中で示した。議員から「オスプレイ17機を配備した後、将来的に増えることはないのか」と問われた。政府の中期防衛力整備計画は、18年度までにオスプレイ取得を目指していることを挙げ、「18年度までに契約するという意味。それからさらに取得するには、通常4年ほどかかる。今後の見通しでは、10年ぐらいの間に17機が入ってくることになる」と答えた。

 将来的に配備数が増えるかどうかについては、「大きな買い物なので、そう簡単に大きく増やすのは難しい。例えば20年先どうなるかと言われれば何とも言えないが、そのときは陸上自衛隊の大きな体制見直しがあると思う。現体制であれば、この機数だということは言える」と述べた。

 陸上自衛隊目達原駐屯地(神埼郡吉野ケ里町)常駐ヘリの佐賀空港移設に関し、その後の駐屯地飛行場の運用をめぐる質問も出た。槌道局長は「飛行場をどうするかは、まだ決めていない。地元との関係や考慮すべき問題がある。(目達原の)補給所機能を考えた場合、ヘリが目達原を経由して輸送することはあるが、現在の運用とは全く異なる」と語った。

2014年09月13日更新

この時間のニュース
山中に9人乗りの群馬県防災ヘリ墜落
石破氏、総裁選の立候補を正式表明
4~6月期のGDP、年率1・9%増
米アカデミー賞に人気映画部門創設へ
伊調馨選手が復帰へ、協会の謝罪受け
台風14号、週末に沖縄接近
東京の救急出動件数が急増
文科省、医学部入試の公正さ調査
人事院、国家公務員定年65歳求める
東証、午前終値は2万2494円
この時間のスポーツ
アジア大会開幕まで1週間
羽黒1―4奈良大付
伊調馨選手が復帰へ、協会の謝罪受け
日大三16―3折尾愛真
山根氏の日大客員教授を解任
敦賀気比1―10木更津総合
ゴルフ松山、池田は4打差16位
世界セーリングで吉田、吉岡組が初V
田中、レンジャーズ戦へ意気込み
サッカー女子、スペインに敗れる

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd
佐賀新聞社

佐賀新聞社から

会社概要

サービスのご案内

社員採用のご案内

ご購読のご案内

佐賀新聞販売店検索

広告掲載に関するご案内

主催イベント

佐賀善意銀行

お問い合わせ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd