佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
シエマのデジタル化募金が目標の半分に 500万円集まる

 映画の上映方法がフィルムからデジタルデータに切り替わる中、資金難にあえぐ佐賀市松原のミニシアター「シアター・シエマ」にデジタル上映機器を購入しようと、映画ファンらが呼び掛けている募金が500万円を突破した。目標の1000万円の折り返し点を通過し、劇場側も機器選定に入るなど、デジタル化への道筋も見えてきた。まちなかの小さな「映画の灯」を守ろうとする市民の取り組みが実を結びつつある。

 募金活動は市民グループ「シエデジ会」(大歯雄司会長)を中心に、今年4月から展開。目標は1000万円。市内約100カ所に募金箱を置き、協力を呼び掛けてきた。企業・団体向けにも上映前の企業PRなどの特典プランを用意し、地銀や経済団体など9社・団体が寄付に応じた。

 賛同したデジタル工房「FabLab Saga」の代表陣内和宏さん(48)は「衰退した中心街の再生には、さまざまな文化を発信するコンテンツが不可欠。ミニシアターはその象徴でもあり、こうした活動が地域の現状に目を向けるきっかけになれば」と話す。

 目標額のうち100万円はインターネットを通じて小口資金を集める「クラウドファンディング」で調達する計画。6月末から90日間で集めなければならない厳しい規定があるものの、映画招待券など特典もあり、順調に募金額を伸ばす。6月下旬以降はシエマに足を運んでもらい苦境を知ってもらおうと、ギターや薩摩琵琶(さつまびわ)のチャリティー演奏会などのイベントを企画。来場者は例年より2割増と認知度も高まっている。

 募金期間は11月末まで。12月15日の開館記念日にデジタル化による上映会を開く計画だ。シエデジ会の大歯会長は「遠くは大阪から『ミニシアターの火を消すな』と現金書留で募金を送ってくるなど支援の輪は広がっている。デジタル化導入が現実的になった今、募金してくれた人を通じて、全県下に募金箱設置を広げたい」と、ラストスパートを期す。

2014年09月14日更新
シエデジ会が募金箱を作り市内100カ所以上に配置=6月、佐賀市のシアター・シエマ

シエデジ会が募金箱を作り市内100カ所以上に配置=6月、佐賀市のシアター・シエマ


この時間のニュース
関電が大飯原発1、2号機を廃炉へ
「イスラム国」壊滅状態に
米軍ヘリ18日から飛行再開
神戸製鋼不正、米司法当局が調査
囲碁の井山が全七冠復帰
DeNA、2年連続で突破
浜松沖で4人搭乗の空自ヘリ墜落か
拡張型心筋症に初の幹細胞移植
新燃岳、活動は依然活発
「あおり走行」摘発7千件
この時間のスポーツ
DeNA、2年連続で突破
神1―6D、DeNAが快勝
セーリング磯崎、高柳組が2位発進
エンダム、村田再戦へ練習公開
ラグビー、FB松島が代表戦へ手応え
ACLへJ1浦和「責任持って戦う」
大リーグ、ヤンキース勝って1勝2敗
NFL、タイタンズが逆転勝ち
女子レス、登坂が全治3カ月
9、10月の月間MVP菅野、山川ら

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd