佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
諫干開門派が署名活動 長崎市でキックオフ

 諫早湾干拓事業の開門調査を求める漁業者や市民団体が13日、全国規模の署名活動を始めた。開門を命じた福岡高裁の確定判決を国が守るよう世論を盛り上げるのが狙い。2万人を目標に集め、年内にも安倍晋三首相や西川公也農林水産相に提出する。

 長崎市内で開かれた「キックオフ集会」には約120人が参加。佐賀、長崎両県の漁業者が「深刻な漁業被害が続き危機的状況にある」と訴えた。呼び掛け団体になった石木ダム建設絶対反対同盟の岩下和雄さんは「開門に応じないのは良くて、ダムに反対する私たちは良くないというのは理解に苦しむ」と長崎県の姿勢を批判した。

 最後に「確定した司法判断に国が従わないのは法の秩序と裁判制度を崩壊させる暴挙」とする「キックオフ宣言」を採択。集会後は市中心部の鉄橋で街頭署名をして支援を呼び掛けた。

 署名は「有明海漁民・市民ネットワーク」のホームページ(http://www.ariake-gyomin.net)で受け付ける。

2014年09月14日更新

この時間のニュース
内定辞退、最多の6割超
北朝鮮へ制裁完全履行方針を確認
イラク・イラン国境でM7・3の地震
トランポリン女子個人で岸が銀メダル
RCEP、年内交渉妥結は断念の方向
建築家の坂茂さんにマザー・テレサ賞
前川氏「国民の疑念まだ晴れぬ」
ASEAN声明案、北朝鮮批判強める
広島県知事に湯崎氏3選
共通テ試行調査開始、19万人参加
この時間のスポーツ
サッカー日本、風雨の中で戦術練習
自動車F1、フェテルが今季5勝目
トランポリン女子個人で岸が銀メダル
スケート女子千で小平V、高木2位
卓球女子の早田、平野組が優勝
稀勢の里、日馬富士が敗れる波乱
プロ野球、“チャレンジ”来季導入へ
柔道講道館杯、女子52で阿部が初V
W杯回転、湯浅ら2回目に進めず
ヤクルトのドラ1村上、入団決定

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd