佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
「鳳凰丸」組み立て くんち本番へ修復順調

 唐津くんちの曳山(やま)の修理小屋として今月完成した西ノ門館曳山修理庫(唐津市北城内)で13日、塗り替えが完了した6番曳山「鳳凰(ほうおう)丸」=大石町=の組み立てが始まった。曳(ひ)き子たちが威勢の良い掛け声を響かせて作業し、11月の祭り本番に向け意気込んでいた。

 修理庫は2010年2月に出土品を展示する西ノ門館に造られたが、入り口が狭く作業場も手狭だったため8100万円をかけ、130平方メートル、高さ12メートルの修理庫を増築、9日に完成した。今後は見学スペースをつくるなどして来年1月に整備を終える。

 組み立てには曳き子ら約100人が参加。「エンヤ、エンヤ」と声を掛け合い曳山を新しい修理庫に移動させると、クレーンでつり上げ、丁寧に土台に据え付けた。製作当時に近い姿に戻そうと胸元があい色になり、これまでの修復で漆を塗り重ね厚くなったまぶたは薄く削られ、鋭い目つきになった。今後装飾品などを取り付け、15日に完成する。

 作業を真剣な表情で見守る大石町正取締の久保直也さん(54)は「早く皆さんに新しい鳳凰丸を見てもらいたい気持ちでいっぱい。今まで以上に大切に曳山を曳きたい」と語っていた。お披露目巡行が10月12日午前9時から、唐津神社から大石町まである。

2014年09月15日更新
増築された修理庫で、鳳凰丸を組み立てる大石町の曳き子=唐津市北城内の西ノ門館

増築された修理庫で、鳳凰丸を組み立てる大石町の曳き子=唐津市北城内の西ノ門館

西ノ門館に増築され9日に完成した曳山修理庫=唐津市北城内

西ノ門館に増築され9日に完成した曳山修理庫=唐津市北城内


この時間のニュース
群馬県の9人乗り防災ヘリが不明
人事院、国家公務員定年65歳求める
4~6月期のGDP、年率1・9%増
島根原発3号、規制委に審査申請
農産物輸出額、過去最高を更新
台風14号、週末に沖縄接近
世界セーリングで吉田、吉岡組が初V
文科省、医学部入試の公正さ調査
米、FTA念頭に2国間交渉を
米、20年までに宇宙軍創設を計画
この時間のスポーツ
世界セーリングで吉田、吉岡組が初V
田中、レンジャーズ戦へ意気込み
ゴルフ松山、池田は4打差16位
サッカー女子、スペインに敗れる
プレミア、目立った駆け込み移籍なし
夏の甲子園、木更津総合が2回戦へ
レスリング協会が伊調選手に謝罪
レアル入団のクルトワ「夢かなった」
山根氏の日大客員教授を解任
広3―2中、広島が十一回サヨナラ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd
佐賀新聞社

佐賀新聞社から

会社概要

サービスのご案内

社員採用のご案内

ご購読のご案内

佐賀新聞販売店検索

広告掲載に関するご案内

主催イベント

佐賀善意銀行

お問い合わせ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd