佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のスポーツ
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |佐賀のスポーツ
田口が優勝 祐徳ロードレース一般男子ハーフ

 第63回祐徳ロードレース大会は23日、鹿島市林業体育館前を発着点とするコースで開かれ、男女のハーフマラソンと10キロ、3キロ、ジョギング2キロに、小学生から一般まで約1700人が出場した。ハーフマラソン一般男子18~39歳は、田口雅也(東洋大)が大会記録を47秒上回る1時間3分5秒で優勝した。県勢は、ハーフマラソン一般男子40~49歳で、秋丸直俊(佐賀広域消防)が1時間14分20秒で2位に入った。

■一気に47秒短縮

 今年1月の箱根駅伝で1区を担い、優勝に貢献した東洋大の田口雅也。大会記録を一気に47秒縮める圧巻の走りで、ハーフマラソン一般男子を制した。

 レースには五輪出場経験者の竹澤健介(住友電工)も出場。田口は「中学時代からの憧れの存在。直前で出走を知り、意識した」。スタート直後から飛び出して積極的なレース展開に持ち込み、10キロ地点で2位の竹澤を引き離すとそのまま逃げ切った。

 記録は1時間3分5秒。前日は福岡のクロスカントリーにも出場、「疲れが残り、後半はペースが上がらず苦しかった」。大会新記録にも満足した様子はなく、「今後はトラックで記録をつくっていきたい」と意気込んだ。

2014年02月24日更新
ハーフマラソン一般男子18~39歳 トップでゴールテープを切る東洋大の田口雅也=鹿島市林業体育館前

ハーフマラソン一般男子18~39歳 トップでゴールテープを切る東洋大の田口雅也=鹿島市林業体育館前



この時間のニュース
みちびき3号機打ち上げ成功
米、バノン氏解任で強硬路線転換も
尖閣周辺で米爆撃機飛行、自衛隊機も
主要行、東芝に月内の売却契約を要請
公文書管理の判断、省庁に責任者設置
中央道、復旧に向け土砂撤去開始
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
連続テロ、犯行グループ12人か
長島元復興副大臣が死去
「俳句甲子園」が松山市で開幕
この時間のスポーツ
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
イ・ボミら2人が首位、大山1打差
日0―3西、西武・多和田が5勝目
巨6―1D、巨人・菅野が13勝目
中1―8神、阪神が3連勝
オ7―3ロ、オリックスが連敗止める
テニス杉田祐一、準々決勝は完敗
ボルダリング、野中と野口が準決勝へ
大リーグ、青木は途中出場で無安打
W杯ボルダリング、渡部は総合V逃す
Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd