はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する

さが食べある記

トップ |食べある記メニュー
大平庵の「ぬめりそば」

上品な味わい楽しめる

 明治創業の造り酒屋の雰囲気を色濃く残す多久市の「大平庵」。こだわりの生そばを使った夏季限定メニュー「ぬめりそば」(1080円)は、スタミナをつけて暑い時期を乗り切るのにぴったりの一品だ。

 とろろ、納豆、めかぶの3種類の“ねばねば”具材に、特製つゆを入れ、そばを絡めて食べる。そばつゆは関東風の濃い口しょうゆをベースにしたかえしに、鹿児島県枕崎産のかつお節と熊本県牛深産のさば節でとっただしを合わせており、九州の人に合わせた味わいが特徴。

 そばは福岡県秋月産の粉を使い、更級風のつるつるした舌触りやのどごしと、ほのかに甘い上品な味わいが楽しめる。また150円増しで熊本産全粒粉を使った手打ち二八そばに変更すれば、そば本来の風味を味わえる。

 ご飯も付いて、そばを食べて残った具材とそばつゆを掛けると、ひと味違った味も楽しめる。武田耕一社長(49)は「“ねばねば”を食べて血液の循環をよくし、暑い夏を乗り切ってほしい」と話す。

----------------------------------------

■大平庵

多久市東多久町別府4650

営業時間 11~21時

火曜定休

電話 0952(76)2455

2014年08月04日更新
大平庵の「ぬめりそば」

大平庵の「ぬめりそば」


佐賀新聞社

佐賀新聞社から

会社概要

サービスのご案内

社員採用のご案内

ご購読のご案内

佐賀新聞販売店検索

広告掲載に関するご案内

主催イベント

佐賀善意銀行

お問い合わせ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd