はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する

さが食べある記

トップ |食べある記メニュー
秀ちゃんラーメンの「ラーメン」

シンプルさにこだわり

 白石町の国道444号沿いにあり、今月から夜まで営業している「秀ちゃんラーメン」のラーメン(590円)。1989年に店を構えた先代・秀明さんの味を、息子の亮さん(37)が守っている。

 「毎日同じように作っても、同じ味を保つのは難しい」。18時間を目安に炊く豚骨スープは豚の頭骨だけを使用。シンプルさにこだわるからこそ、味のブレは大きく響く。香りがなじむ昔ながらの細麺は伸びやすいため、ゆで上がりは若干堅め。ただし、「ぬるくなったスープに入れる替え玉は、数秒長めにゆでる」―など、濃厚スープと麺の一体感を常に考える。

 横浜中華街やホテルニューオータニ博多で中華料理の腕を磨き約3年半、実家で修業した。その後、佐賀市に「拉麺公司ある」を出店。秀明さんが亡くなり、店を継ぐ決意をした。

 喫煙や酒酔い、ガムなどの味覚への影響をリセットしてもらうため、客席にルイボスティーを置いているのもこだわり。「できる所はとことん突き詰めたい」と語る。

----------------------------------------

■秀ちゃんラーメン

白石町福富4137―7

営業時間 11時~21時 月曜定休。月曜が祝祭日の場合は当日と翌日、15時まで営業。

電話 0952(87)2328

2014年09月03日更新
秀ちゃんラーメンの「ラーメン」

秀ちゃんラーメンの「ラーメン」


Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd