• ピエール・オーギュスト・ルノワール レースの帽子の少女 1891年
  • ククロード・モネ 睡蓮 1907年
  • ポール・セザンヌ プロヴァンスの風景 1879-1882年
  • フィンセント・ファン・ゴッホ ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋 1888年

モネ、ルノワールからピカソまで

モネ、ルノワール、セザンヌ、ピカソ ― 。
19世紀の印象派から20世紀絵画にいたる西洋絵画の傑作の数々が、佐賀県立美術館にやってきました。
19世紀から20世紀は西洋絵画にとって、まさに大変革時代。
それまで現実の世界をそのまま描く絵画が中心でしたが、印象派は光の印象を再現するため、
明るい色彩を素早い筆致でカンヴァスに置き、輝きに満ちた画面を作り出す独自の技法を生み出しました。
本展は、ポーラ・オルビスグループのオーナーであった鈴木常司氏の確かな審美眼で集められたポーラ美術館の収蔵品の中から、モネの≪睡蓮≫、ルノワールの≪レースの帽子の少女≫、セザンヌの≪プロヴァンスの風景≫、ピカソの≪花売り≫など、印象派からポスト印象派、フォーヴィスム、20世紀絵画まで、美術史にその名を残す画家たちの名品72点が勢ぞろいしています。
佐賀でこれほど大規模のコレクションが一堂に展示されるのは初めてのことです。
世界有数の名画コレクションが佐賀を訪れる奇跡、佐賀にいながら西洋の近代美術の流れをたどれる幸せを、ぜひご体験ください。

新着情報

ポーラ美術館 サガアートトリップ 佐賀県

 

■主 催/佐賀新聞社/RKB毎日放送/佐賀県立美術館/公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
■後 援/在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本/佐賀県教育委員会/佐賀県内20市町教育委員会/九州旅客鉄道/西日本鉄道/テレビ西日本/九州朝日放送/TVQ九州放送
■企画制作/TBSテレビ
■企画協力/テモアン

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd