佐賀広告協会ウェブ リンク 佐賀広告賞 活動内容 メッセージ 新着情報 佐賀広告協会ウェブ

新着トピック

第37回佐賀広告賞

第36回佐賀広告賞審査講評


今回は、157点の作品が応募されました。今回の受賞作品は『安心をしっかり伝える』『地域との繋がりを伝える』そして、『誠実さ』などに取り組んだものでした。

「馬郡蒲鉾」「萬坊」「中野建設」「鹿島市商工観光課」の作品は、安心や優しさが表現された秀作です。また、「佐賀市総務部秘書課シティプロモーション室」「佐賀大学芸術地域デザイン学部」「佐賀県さが創生推進課」「佐賀県広報広聴課」「武雄・東川登未来を語る会」は地域というキーワードがよく伝わっています。一方、「江頭仏壇店」「Gym☆Polaris(ジム/ポラリス)」「ネッツトヨタ佐賀」は伝えたい人が明確であり、新しいターゲット像にチャレンジしていることが伝わってきます。ほかにも「佐賀県くらしの安全安心課・サガテレビ」「大坪産業」「佐賀電算センター」は安定した堅実な情報発信が行われています。

 時代の変化を敏感に捉え、メッセージとして伝えるのが広告の特徴です。今回の特徴は自治体の作品が映像・音声メディア部門を中心に多く見られました。人口減少に歯止めがかからない自治体の懸命のアピールが伺えます。しかし、企業からの応募は若干減少しているようです。来年は企業から多くの出品を期待したいと思います。

 
新聞の部
馬郡蒲鉾 株式会社
【まごのまごまでまごおり蒲鉾。】
佐賀広告センター
両脇に21人の家族の笑顔と中央にコピーが配置されています。 食べている家族の笑顔がとても印象的な心温まる作品です。
株式会社 佐賀電算センター
【全力!SDC】
佐賀広告センター
300人を超える社員の顔が紙面全体の2/3を占めています。 作品名の通り「全力」や総力というメッセージをインパクトの ある文字と相まってよく伝えています。
株式会社 江頭仏壇店
【フロント面3段シリーズ広告「色」】
佐賀広告センター
仏壇や仏具は黒というイメージを「黒」「白」「赤」「青」の 色を使い見事に変えてくれる広告です。視覚的にも美し く、おしゃれな新しさが出ています。
テレビの部
佐賀大学芸術地域デザイン学部
【佐賀大学芸術地域デザイン学部プロモーションムービー(田んぼ篇・干潟篇・大学篇)】
STSエンタープライズ
佐賀という地域に根ざすというメッセージが干潟やキャンパス、田園風景をうまく生かして表現されています。「見る人はきっと応援したくなる」そんな気持ちにさせる作品に仕上がっています。
株式会社 中野建設
【暮らしのなかのつながり(装置)篇】
佐賀広告センター
木を使ったおもちゃ?のレールの上を転がる玉の映像を使って自然や地球に優しいイメージに仕上げた作品です。
佐賀県くらしの安全安心課・サガテレビ
【佐賀県交通安全キャンペーンCM(4パターン)】
STSエンタープライズ
交通キャンペーンを目的にした4つのCMですが、特に子供が陸橋から「横断歩道に立っているひとを見ながら通過する車に止まれ」という言葉が印象に残り、思わず反省したくなる作品です。
 
ラジオの部
株式会社 萬坊
【海の音篇】
佐賀広告センター
男性の柔らかな低音のナレーションと波の音によって目の前に海の静かな情景が浮かんできます。穏やかな気分で食事ができることを期待させる作品です。
Gym☆Polaris(ジム ポラリス)
【お仕事帰りに行こう(改訂)篇】
佐賀広告センター
仕事で頑張る女性をターゲットにしていることが明確で、働く女性のライフスタイルに訴えることに成功しています。
大坪産業 株式会社
【生まれ変わる鉄】
キャピタルエンタープライズ
鉄が色々なものに生まれ変わり、最後は宇宙船になるという意外性をうまく織り交ぜながらリサイクルのことをわかりやすく伝えています。
プリンティングメディアの部
ネッツトヨタ佐賀 株式会社
【プリウ酢】
佐賀広告センター
新型プリウスの発売を記念したノベルティを「プリウ酢」とした洒落のある面白い作品です。
武雄・東川登未来を語る会
【武雄市特産品トマト「ミスルージュ」ポスター】
佐賀広告センター
トマトの鮮やかな赤が目を引き、思わず立ち止まるポスターです。綺麗で、インパクトが強い仕上がりです。
佐賀県さが創生推進課
【サガ・コトハジメ さが段階チャレンジ交付金事例集】
STSエンタープライズ
地域活性化の交付金の事例集ですが、ここに載っているものは各地域の誇れるものが集まっています。その意味では各地域の活性化の資源集とでも言いたくなる出来上がりです。
category_title05.jpg
佐賀市総務部秘書課シティプロモーション室
【みえない世界遺産、みえつ。】
佐賀広告センター
金賞は昨年と同じ佐賀市総務部秘書課シティプロモーション室となりました。何も地上にないことをこれだけ引っ張って「面白い、行ってみようかな」と思わせてしまう。次の展開が楽しみです。
佐賀県広報広聴課
【佐賀さいこう!動画シリーズ】
STSエンタープライズ
素直に面白いと思わせる作品となっています。探偵の知事と助手の息もピッタリです。 
鹿島市商工観光課
【1秒で好きになる鹿島】
佐賀広告センター
淡々とした美しい映像と音で構成されているにもかかわらず、奥の深い作品となっています。完成度の高い逸品です。
釜堀 文孝
九州産業大学芸術学部
ソーシャルデザイン学科教授
八木 信一郎
ゆめぷらねっと小城館長
東島 美恵子
佐賀県消費者グループ協議会会長
濱 智子
アトリエCORO
藤原 正義
NBCラジオ佐賀局長
矢野 敦子
エフエム佐賀営業部長
横尾 政和
サガテレビ営業局業務推進部副部長
桑原 昇
佐賀新聞社営業局アド・クリエード部長
 

佐賀広告協会

〒840-8585 佐賀市天神3-2-23
tel 0952-28-2141 fax 0952-29-4709

Copyright(c)2013 SagaAdvertiseAssociation