about.jpg

「ユニバーサルデザイン」って知っていますか?

 

簡単に言うと、「人にやさしい」デザインのことです。誰もが使いやすい製品、サービス、建物、まち…。身近な場所に、ユニバーサルデザインは広がっています。

画像:公共施設や商業施設で、駐車場を優先的に利用できるパーキングパーミットの許可証

 

ユニバーサルデザインの原点は、優しさや思いやり。みんなが安心して暮らせる社会のキーワードでもあります。佐賀からユニバーサルデザインを広げていきませんか。

 

 

 

 

ユニバーサルデザインの7つの原則

【原則1】誰でも公平に使用できること

誰にでも利用できるように作られており、かつ、容易に入手できること。

原則2】柔軟に使用できる(自由度が高い)こと

使う人のさまざまな好みや能力に合うように作られていること。

原則3】使い方が容易に分かること

使う人の経験や知識、言語能力、集中力に関係なく、使い方がわかりやすく作られていること。

原則4】必要な情報がすぐ理解できること

使用状況や使う人の視覚、聴覚などの感覚能力に関係なく、必要な情報が効果的に伝わるように作られていること。

原則5】間違えても、重大な結果にならないこと

ついうっかりしたり、意図しない行動が、危険や思わぬ結果につながらないように作られていること。

原則6】少ない労力で楽に使えること

効率よく、気持ちよく、疲れないで使えるようにすること。

原則7】使用するのに適切な大きさ・広さがあること

どんな体格や、姿勢、移動能力の人にも、アクセスしやすく、操作がしやすいスペースや大きさにすること。

(さがユニバーサルデザインラボより)

 

 

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd